home >NPO法人(非営利団体)とは

NPO法人といった名前は、みなさん一度は聞いたことがあるでしょう。また、非営利で活動を行っている団体ということも、何となく理解されているかと思います。しかし、非営利とはどこまでの範囲をいうのかなど知らないこともたくさんあるでしょう。このページではそんなNPOの特徴についてまとめてみました。

NPOにおける非営利とは

非営利とはいっても、仕事を有料で引き受けてはいけないという意味ではありません。人件費を含む経費を差し引いて、残った利益に関しては分配してはいけないということになっています。組織を維持し、目標のために責任をもって活動するためにも、給与はきちんと支払われるのです。ただし余分な利益が出た場合には、あくまで組織や目的のために投資されます。
給与が支払われるとはいえ、一般的な企業に比べると年収は低いといえますし、継続して利益が得られる団体として維持していくのは大変なことでもあります。

NPO法人が任意団体や一般的な法人と違うところ

設立にあたっては、通常の法人が1か月程度で登記が完了できるのに比べ、NPO法人は認可をもらう必要があり、4か月以上かかるといわれています。NPO法人では社員が10人必要だという点も大きな違いでしょう。
NPO法人のメリットとしては、契約の主体を団体にできること、信用度が増すこと、社員を雇い入れることができるなどがあります。任意団体ではどうしても個人での契約となり、また実態が明確に公表されていないことなどから、企業と何か取り組みたいと思っても難しいケースもあるでしょう。ですがNPO法人であれば事業内容や資産状況なども公開されますので、安心して契約の検討もできるというわけです。
もちろんその分、管理体制をしっかりと整えなければならず、経理処理も専門で一人雇う必要も出てくるでしょう。
税制の面では、一般的な法人よりもNPO法人の方が優遇されています。

サイトマップ免責事項
Copyright © 2011 ボランティアをはじめよう All Rights Reserved.