home >任意団体やNPO法人の設立

ひとりで人助けするには限界がある、仲間を集めてボランティアの団体を作りたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。ボランティアの団体を作り自分で主催する場合、2つの方法があります。ひとつは任意団体を設立すること、もうひとつはNPO団体を設立することです。

任意団体は自由に設立することができる

任意団体は特に届出など必要なく、意志があれば自由に設立して構わないものです。逆に届けられた法人名などがないので、銀行口座は個人のものしか持てないといったことにはなります。
それなら簡単だと思われるかもしれませんが、人が2人以上集まってしっかりと活動するとなると、基盤となるものが必要になってきます。 入会規定、会計処理、団体の趣旨、規約など用意した方がよいでしょう。方向性を明確にしないと、途中で自然解散となってしまう可能性も高いです。
任意団体として動くには規模が大きくなり過ぎるなどしたら、NPO法人への道も考えていきましょう。

NPO法人は社員10人以上から

NPO法人の特徴などは「NPO団体(非営利団体)とは」のページで確認ください。設立の条件としては、営利目的でないことはもちろん、社員が10人以上必要であること、宗教活動や政治活動を主目的としないことなどがあります。
設立にあたっては、申請書を所轄庁に提出し、認証を受ける必要があります。申請書の他、定款、役員名簿、(10人以上の)社員名簿、設立趣意書、財産目録、事業計画書などなども提出する必要があります。
登記が完了するまでには、4か月以上かかると言われます。

サイ トマップ免責事項
Copyright © 2011 ボランティアをはじめよう All Rights Reserved.