home >災害ボランティアとは

137万7,300人ものボランティアが集まった阪神・淡路大震災時から、特に注目されるようになった災害ボランティア。東日本大震災の際にも、多くの災害ボランティアが活躍しています。

災害ボランティアセンターについて

災害で大変な目に遭っている地域があるからといって自由にボランティア活動をはじめてしまっては、本当のニーズから外れてしまったり、かえって邪魔になってしまうというケースもあります。災害時のボランティアに参加したい方は、災害ボランティアセンターに連絡、指示をあおいだ方がスムーズです。
東日本大震災では、宮城県災害ボランティアセンターが設置され、宮城県内各地域のボランティア情報を集約しています。その他、気仙沼市災害ボランティアセンター、石巻市災害ボランティアセンターなどが設置されました。
普段から団体同士が連携して準備がなされているとはいえ、基本的には災害が起こった際に設置されるものです。ただ京都など、常設の災害ボランティアセンターも存在します。

災害時の活動内容は?

炊き出し、物の片付け・仕分け、救援物資を届けること、子供の世話、義援金募集についての広報活動などなど、災害ボランティアでやれることはたくさんあります。
心のケアに対応できるカウンセラー、聴覚障碍者のための手話通訳者など、専門の技術を持つ方にしかできないボランティアというものもあります。

災害ボランティアでの注意点

災害ボランティアは、とにかく大変なことになっているから助けにいこうという、明確なニーズを把握していない状態からスタートすることが多いかと思います。
現地が何を求めているか、それをまず知らなければいけません。ボランティアを受け入れるだけでも、現地ではその分労力もかかります。一時期に多くの人が殺到してしまうと、依頼や指示できる活動内容がない場合もあります。
ボランティアセンターで情報をもらい、本当に困っているところで、本当に必要な活動内容ができるよう調整してもらいましょう。
また、救援物資に関して、集まり過ぎて余った物資の管理に困っているというニュースもよく見られます。これも現地の声を聞くことが大切な例です。

サイトマップ免責事項
Copyright © 2011 ボランティアをはじめよう All Rights Reserved.