home >障害者のためのボランティア

ここでは、聴覚、視覚障害者、その他体の不自由な人、精神的な病を持っている人など、障害者に関するボランティアについて考えていきたいと思います。普段の生活をサポートするような活動や、より良い日を送れるような手助けが行えます。

障害者へのボランティア内容について

障害の種類は様々なので、その人が抱えている問題によってもボランティア内容はもちろん違ってきます。
身体が不自由な方は、食事をとることや着替えサポートが必要であったり、一人で外に出ることが困難な場合、散歩に付き合うということもできます。 身体のうちでも、聴覚が不自由な人には手話や筆記、筆談でサポートしてくれる人がいると心強いでしょう。学校の授業を受けるのにも、口の読み取りができるとしても限界があります。横についてあげて、授業の内容を筆記してあげる必要があります。
視覚が不自由な人も、外出のサポートや点訳ができる方がいると助かるでしょう。

障害者へのボランティアで注意すべきこと

何らかの障害を抱えている方のボランティアをするからには、その障害に対する知識はある程度持っておくようにしましょう。医師でも、普段から一緒にいる家族でもないわけですから、勝手な判断をするわけにはいきません。
また、ボランティアとして善意でサポートしているつもりでも、嫌な思いをさせられることや、戸惑うこともあるかもしれません。時によると気持ちをぶつけることも大切かもしれませんが、何かあったらすぐに相手の家族と相談するなど落ち着いて対応する必要があるでしょう。 自分とは違う生活を持つ方との付き合いは、色んな視点を与えてくれ、人生を豊かにさせてくれるはずです。お互いが助け合っているのだという意識を忘れないようにしたいですね。

サイトマップ免責事項
Copyright © 2011 ボランティアをはじめよう All Rights Reserved.